2018/02/05

ブルートパーズ





















気持ちに寄り添うというのは、
美德的な扱いを受けるけれど。

行き過ぎると、

自分の境界線を
壊すことでもあるなあと思うのです。

 *

自分の意見を持つことは
とても大事だけれど、

行き過ぎて頑なになると、
それはそれで問題があるように。

何事も、

行き過ぎると、
色々難しくなるんだなって思うのです。

 *

そして、
その「行き過ぎ」感は。

人によって違うし、
基準がある訳でもないし。

強いて言うなら、

個人個人の心にある

「心地良さ」だけが
指標となり得るんだろうなあと。

 *

だから、適当に聴いて欲しいのだけど。

 *

人の気持ちが解るからって、
寄り添い過ぎていてはダメなのよ。

と思うので。

もうちょっと
自分の気持ちを大事にして、

そして。

寄り添い過ぎて
傷ついていることだって自覚して。

もうちょっと自分のワガママに耳を傾けて。

深呼吸をして、

うーん、と
伸びをしてみたらいいんじゃないかと思うのです。

 *

もし、寄り添い過ぎて、

自分の気持ちがどこかに消えちゃったみたいに、
麻痺しちゃっているとしたら。

そこからが本番かなって、思うのでした。

 *

境界線は、
ブルートパーズの感覚。



ストーン・コンシェルジュ / アクセサリー作家
みたけさやか

0 件のコメント: